2012年 04月 07日 ( 1 )

飛行機会社

先日出先で悪天候に合い飛行場で足どめでした。午後のJAL便のうちの一つの便を予約していたのですが、午後の便は全てキャンセルされていました。しょうがないので特別空席待ちの列に並ぶこと3時間、ようやくもらったチケットは930番台でした。次の日にかえらなければいけないかな、と思っていたら2つ特別便が飛ぶことになり、なんとか最後ひっかかって(このときまた並びました)夜の11時頃到着する便で帰れました。先に並んだ900人の客の多くは翌日帰るか他の空港経由で帰ることを選択したのでしょう。

今回の空港での騒動中、となりのANAのほうを見ていると、午後の便をキャンセルせずにひたすら出発を延期しているようでした。それで結局六時間ほど遅れで午後の最初の便を夜中に飛ばし、夜の便のみキャンセルしたようでした。こうすると午後最初の便の客は並ばなくてよいことになります。しかし一方で他の便に振り分ける客は減り、結果として当日当始の空港に帰らなくてもよい客を帰すことになったことでしょう。どちらがいいのでしょうね。地上係員の手間は後者のほうが減りそうです。コストを考えるとANAはこうしたのかな。私は前者のおかげで帰れましたが、かなり並びました。これはこれで不満のある人もいそうです。特別便が飛ぶのにその後に予定されていた便はキャンセルされていますし。いずれにしてもこのような時の対応は航空会社によってちがうものなのですね。初めて知りました。
[PR]
by stemcell | 2012-04-07 16:29