<< 酵素活性 連休 >>

タンパク質

論文の改訂を行うべく実験を進めています。レフリーに求められたのはあるタンパク質の活性を別の種のそれも調べなさい、というものでした。

特定の遺伝子産物(すなわちタンパク質)を調べたい場合、昨今とりあえず大腸菌につくらせます。目的の遺伝子を組み入れ強制的にその遺伝子を発現させるのです。最近私は大腸菌発現系では好んでNEBのインパクトシステムを使います。このシステム、タグがタグを切ってくれるので、プロテアーゼ無しでタグ無しタンパクを精製できるのですよね。今回もこれを使いました。

昨日発現させた大腸菌をつぶし調べたところタンパク質がつくられていて、そこから目的タンパク質の精製も行うことができました。一安心です。大腸菌はたまったものではないですが。来週はそのタンパク質の活性を調べようと思います。
[PR]
by stemcell | 2008-11-29 09:27
<< 酵素活性 連休 >>