<< 急な発熱 入学式 >>

さきがけ

今週から新4年生が研究室にやってきました。昨年も書きましたがこの時期例年通りクローニングを彼ら彼女らに教えることになります。最初にトレーニングコースのような実験をさせると良いのかもしれませんが、個々のテーマがかなり異なるために結局それぞれのテーマの実験を一から指導することになります。今年は計4人を同時に見なければいけないので大変です。自分の実験は数ヶ月は止まりそうです。

今年度科研費は当たりましたがそれはほんの200万円です。今年はこれに加え”さきがけ”と呼ばれる元科技庁系の研究費に応募してみようかと思っています。その名の通り、この研究費は実現の可能性は低いが達成されると科学的および産業的に飛躍的な貢献ができる研究に対して付くものとされています。とはいっても過去のこの研究費を受けている人はそれなりに実績のある人なので、ある程度実績を積んだ若手で、その成果を基盤に若干応用的な研究テーマを提案すると採択される可能性が高いと思われました。

締め切りは来月始めで研究は10月初めです。これですと年間1000万円ほどの研究費がつきます。ポスドクは無理ですが実験補佐員を雇い一緒に仕事ができるでしょう。過去一回目のポスドクの最終年度に一度応募したことがありますが、その時は玉砕。ヒアリングにも進めませんでした。そもそも採択率は10%を切っていると思うので無理も無いですが。今回は対象としている年齢適齢期と思うので可能性はあると思います。構想もだいたい固まったので気合いを入れて申請書を書こうと思います。
[PR]
by stemcell | 2009-04-11 17:53
<< 急な発熱 入学式 >>