タグ:バンド ( 60 ) タグの人気記事

ダムド

先日ダムド(DAMNED)のドキュメンタリー映画なるものを見に行きました。このバンド名、英語だとダーメッとか発音するのでしょうかね。イギリスのパンクバンドでロンドン3大バンドで唯一現役で活動しているバンドです。もう40年か活動しているので、年齢は60近いかと。私が初めて聞いたのは17か18の頃。当時の同級生が、有名アルバム「地獄に落ちた野郎ども」を買ってきて皆で回し聞きしたのです。当時私はどっちかというと、所謂ハードロックを好んで聴いていたので、最初聞いた時はピンとこなかったですね。でもギターの音とプレイスタイルには非常にオリジナリティーを感じました。今でもそのアルバムのギターはどこをどう弾いているのかよくわかりません。

しかしその後すこしパンクというジャンルの音楽を聴くようになると、このバンドが非常に個性的であることがわかりとても好きになりました。まず楽曲のオリジナリティーが高いこと、またギタープレイが特異であること、さらにビシッと決めすぎず、なんか抜けてるその格好のダサさ、がまた非常にかっこいい。40年もやっていていまいち知名度も上がらず、基本いつも金欠で。なかなか愛らしいバンドなのです。私から見ると。彼らの曲New roseを有名バンド、 Guns & Rosesがカバーすることが決まると、その曲を作曲した元メンバーと現メンバーが、著作権に伴う金銭問題によりステージ上で喧嘩するという始末。そのカッコ悪さがまたなんとも。現・元メンバーの個性が非常によくわかり、深くこのバンドを理解することができて、さらにこのバンドが好きになりました。よくできたドキュメンタリーでした。結局音楽は演奏するその人の個性ごと好きになるのだな、とあらためて思いました。



[PR]
by stemcell | 2016-10-11 22:06

広島優勝とジャカルタパンク

広島優勝ですね。25年ぶりとか。私はどちらかというと巨人ファンなので、8回裏が終わってテレビから退散しましたが。。ファンの方はさぞお喜びのことと思います。ホッとしたことでしょう。でも一番ホッとしたのは黒田選手でしょうね。これで心置きなく引退できる。ここからあと2、3年現役続行したらそれこそ大したものと思いますが(なので続けてほしい)。

ところで先日NHK-BSでインドネシアパンクの特集をやってましたね。Marginalというバンド。



このような姿勢でパンクをやる(できる)人たち、今の日本にいないですよね。社会人をまっとうにやりながら、親の面倒になりながら、社会に不満も特になくバンドをやるもしくはできる人がほとんどですよね。良くも悪くも。そんな人の音楽に熱狂する人はなかなか生まれない、日本はそんな土壌なのだなと思いながら番組を見ていました。


[PR]
by stemcell | 2016-09-13 21:34

ギターの修理

ギターを修理に出しました。前と同じ、学生時代の同級生がリペアショプを開いているのでそこへ持って行きました。最初に持って行ったのはかれこれ6、7年前かな。その時はレスポール(もどきのフェルナンデスのギター)を持って行っきました。日本製のギターで新品で買った当時は5万くらいだったかな。安かったですが、すこぶる響きのよいギターで、すぐにピックアップをダンカンに乗せ替え、出音も最強だったのですが、ネックが曲がり非常に弾きにくい状態だったのでした。リペアしたらほぼもとどおり、今は最も活躍しているギターです。購入してから20年ですかね。木も乾燥してきたのか鳴りがとにかく良い。生音でもアゴギみたいに大きな音が出ます。ギターは値段ではないですね。少なくとも70〜80年代の日本製のギターはそれなりに出来が良いと思います。

で今回はあまり最近出番のなかったストラトキャスターの修理を頼みました。62年ビンテージUSモデル。このギター、中古での購入時で1800オーストラリアドル。当時の日本円で15万くらい。結構なお値段しましたが、留学していたオーストラリアでギターが弾きたくなって買ったものです。これまたネックが曲がりあまり弾いていませんでした。

今回修理に持って行った際、その場でネックを外したりの軽い診断をしてもらいました。するとピックガードの中側(ピックガードとボディーの間)に金属板が仕込んでありました。ストラトにしては重いと思っていましたが、まさかそんなものが入っているとは思いませんでした。たぶん前のオーナーがつけたものでしょう。同級生いわく、そうすることでノイズが減るとか。でもそれが良い音の秘密だったのかもしれません。ストラトとレスポールはまったく音の性質が異なりますが、直ったらライブでも使用してみようと思います。だいぶ雰囲気がかわることでしょう。
[PR]
by stemcell | 2016-02-20 14:27

トランジスタアンプ

気づいたらあっという間に前回の投稿から2ヶ月くらいが経ってしまった。Time flies、と。

先日久しぶりに自分らのライブの映像を撮ってもらいました。というのは備え付けのカメラでステージを撮れるようなそれなりに設備の整ったライブハウスで久しぶりに演奏したので、せっかくだからと録画してもらいました。その映像を見たところ、いやーいろいろ考えさせられますね、、まるで自分の学会発表シーンを見ているような気になります。きっとこれを繰り返すことが良いのでしょう。客観的に見れるのでいろいろな反省点が明確になります。

最近私はライブの時はギターアンプにジャズコーラスを使います。ローランド社の名器、どこのスタジオ、ライブハウスにも置いてあります。しかし当然良い歪みは得られないので、その時はエフェクターで歪ませます。こうする方がライブの時は聴衆に良い音に聞こえることに気づいたのです。真空管アンプを用いた場合、倍音豊かな伸びある音が出るのですが、直で聞くとどうもぼやけてしまうような気がします。またライブハウスやスタジオにおいてある真空管アンプは劣化している場合が多く、音がさらにぼやける気がします。なので、ライブはトランジスタアンプ、レコーディングはテューブアンプ、というのが最近のスタイルです。

ほんとは自分の真空管アンプをどこでも持ち歩けるくらいになれば良いのですがね。。



[PR]
by stemcell | 2014-07-24 19:27

マイケルモンロー

海外出張から帰国。今回は昔の所属先のボスをはじめ旧友にも何人か会え、楽しかったでした。

会議の参加者皆が同じところに泊まり込みの6日間。充実しますがその分、英語をなんとかしないとなーといつものことながら思います。私の英語をきいたことのある人や論文で私を知っている人なら話をきいてくれますが、まったくの初対面では向こうの人と3味くらい異なる発音と単語使いをする異邦人はなかなか分が悪い。共通の話題でもあれば話は別ですが。

今回ある食事の時に隣に座った両耳ピアス、両腕に入れ墨のポスドク風情の人と話をする機会がありました。ヨーロッパの人はファッションの一部として入れ墨をよくしますので、学術的な会合でもよくこんな若者を見かけます。聞くとフィンランド人で自国の大学でポスドクをしているとのこと。次第に話題はお互いの趣味になり、私がギターを弾く旨話すと、どんな音楽が好きなのだと聞いてきます。R&Rかな、と答えると、マイケルモンローは好きか、と聞いてきます。おおハノイロックスね。そりゃー好きさ、と答えると、少し喜んでいました。このバンドはフィンランド出身なのですね。昔聞いた気が来ましたが彼に言われるまであまり意識していませんでした。

家に帰ってきて久しぶりに聞こうかと思いましたが、当時の音源はカセットテープで今の家では聞けません。辛うじてDemolition23のファーストのCDが。ハノイロックス解散後の音源ですね。リフがねーなんともいいですね。



[PR]
by stemcell | 2014-04-15 21:14

研究者を目指す諸君、パンクだね

私が研究者を目指すきっかけになった事柄は複数ありますが、好きだった音楽の影響もすくなからずあります。私は16〜20歳のころまで、所謂軽音楽部でバンド活動をしていました。当時は歩行天バンドブーム真っ盛り。スタジオに行っても若者で溢れていた良い時代でした。

パンクやハードコアといったジャンルの音楽はもともとあまり聞いていませんでしたが、周りの人間の影響により少しづつ情報が入ってきます。よく聞いたのはピストルズやクラッシュといった海外のバンドではなく、ブルーハーツに始まり、シーナ&ロケッツ、モッズ、ラフィンノーズといった国内のバンドでした。その中でもStar clubというバンドが特に好きでした。当時の曲の歌詞はほとんど覚えているくらい。その後私は大学に進み、博士課程に行こうかどうか迷うころにこのバンドの曲をたびたび思い出したものでした。

博士課程はどんなに早くても通常28歳で修了します。その後研究者として安定した職につける道は当時ほぼなく、博士取得後は博士研究員、所謂ポスドクとして国内外の研究室に安い報酬かつ1年〜3年更新の不安定な身分で研究を続け、そこで良い成果を上げつづけ、いつともわからぬ常勤の職を探す、という道しかありませんでした。つまり博士課程に進むというのは、好きなことを続ける反面、それだけ世離れした一生を選択することに他ならなかったのです。

そんなとき、The Star Clubのブラックガードエンジェル。



不良だろうが暴走族をやろうが中卒二十歳前に一軒家を購入、妻/子供と共に平和に暮らせるこの日本において、30過ぎまで一人前扱いされず、結婚もままならず、ひたすらに研究に没頭する道を選んだ博士課程に進む(進んだ)若者はこの曲を聴こう。ボーカルのヒカゲ曰く、「パンクは生き様」、とは君たちへの言葉です。
[PR]
by stemcell | 2013-11-08 22:41

聖飢魔Ⅱ

というバンドは私がギターを弾き始めた中学生のころによく聞いたバンドです。当時は3枚目(おそらく)のアルバムが発売されたころでしょうか。Fire after fire、アダムの林檎、などを同級生と耳コピしたものでした。そのアルバムの曲のほとんどを作ったのは、当時のギターリストの一人、Jail大橋、という人です。この人のギターはとても好きでした。私のギターヒーローの一人です。しかしこの人は1990年前後、聖飢魔Ⅱを辞めてしまいました。理由はアメリカンR&Rをやりたい、という理由です。たしかに当時の聖飢魔Ⅱはどちらかというとメロディアスなブリティッシュロック系でした。

この人のその後とった行動がすごい。幼なじみのベーシストを誘って渡米。英語もできないのにカルフォルニアでメンバーを集めcats in bootsというバンドを結成しました。自主制作に近いミニアルバムとメジャーからのフルアルバム一枚ずつだして解散してししまいましたが、これらは相当良いアルバムだったといまでも思います。世に出るのがあと5年早かったら、と悔やまれます。当時はすでにこの手の音源は飽きられ始めてましたから。でもこのバイタリティーは凄い。後にも先にもこんな人いないのではないかな。まあ渡米してすぐにバンドが結成できるというのは誰かのサポートがあったのでは、と思わせますが。

私もポスドク時、日米混合のバンドをひょんなことから米国で組んで少しばかりライブをする機会がありました。私はギター、もう一人の日本人がベース、ボーカルとドラムは米国人というcats in bootsと同じ編成でした。それはとても楽しく良い思いでですが、そんな私のギターヒーローと同じことができるとは10代の頃の私には思いもよらないことでした。ユーチューブで聖飢魔Ⅱの懐かしの曲を聴いて思い出してしまいました。
[PR]
by stemcell | 2013-08-06 20:44

久しぶりの練習

気がつけばゴールデンウイークに突入。今年も1/3が終わったのですね。例の論文は投稿後2ヶ月になろうとしています。返事が来ないのはあまりよい兆候ではないな。

昨日は久しぶりにバンドの練習がありました。久しぶりなので3時間。腰が痛い。使っているレスポール(偽物)タイプのギターは重いので、3時間練習すると結構衰弱します。しかし腰にくるというのは老化現象ですかね。若いときは疲れても腰にくるというのはあまりなかったような。。
[PR]
by stemcell | 2013-04-30 06:52

エフェクター

先日ロックイベントに出演。10バンドほどが代わる代わる一日中演奏するという企画で、なかなか楽しかったでした。しかしライブハウスでない場所にステージを組んで行うものだったので、アンプ等の機材は主催者の持ち込みです。このような場合は気温や衝撃に弱い真空管のアンプは使わわれず、トランジスタを用いたアンプを皆で使うのが普通です。

しかし我々が演奏するのはロックもしくはパンクと呼ばれる音楽なので、ギターの音はわざと歪ませた音にして演奏します。そうなるとトランジスタのアンプではきれいに歪まないのです。プロのミュージシャンも同じで、皆真空管のアンプを使っています。いまだに。

しかしトランジスタのアンプしかない場合、どうするかというと、ギターからの信号を変換するペダルもしくはエフェクターと呼ぶ機械をアンプにつなげる前に通します。そこで様々な音色にギターを音を変えられるのです。今回の場合は音を歪ませるエフェクター(ディストーションとかオーバードライブとか呼ばれます)につなげないといけませんでした。しかし歪み方はメーカーや機種によってまちまちなので、自分の好みの音が出せるエフェクターを試行錯誤しながら見つけるのです。

最近アンプエミュレータとよばれるエフェクターが売っています。これはあるメーカーの真空管アンプの音を再現できるようなエフェクターとして作られています。つまり真空管アンプがなくてもある程度真空管で歪ませたような音を再現できる、というわけです。今回のような場合にぴったりです。

先日その一つを購入。以前レコーディングで使った真空管アンプをエミュートして作られているようで、その音が気に入った私は即購入。今回練習なし、ぶっつけ本番で使ってみました。

しかしこれが大変でした。もともと歪みが異常に強く、さらに私のギターには高出力型のピックアップがついているので、アンプ側で異常に高出力の音の信号を処理できなかったのか、強くピッキングすると音が一瞬飛ぶような状態になってしまいました。きっとアナログな真空管のアンプではこの辺大丈夫なのでしょうね。時間も押しておりセッティングする時間もあまりなくそのまま演奏開始。途中音が飛びまくりで演奏しながら試行錯誤。すると途中ギター側のボリュームを下げると多少音とびが無くなることが判明。その状態で演奏しました。しかしなんか不満。100%ギターを使い切ってないところがロックでない、と。

10月はまた野外のイベントで演奏する予定なのでそれまでには練習でセッティングをいろいろ試そうと思います。やはりアンプは真空管ですね。
[PR]
by stemcell | 2012-08-29 22:06

ライブ

先日久しぶりにライブがありました。今回は知り合いのバンドの企画に呼ばれるかたちで参加しました。「企画」というのは、あるバンドがライブハウスを貸し切り、自分が一緒にライブを行いたいと思えるバンドを呼んでその日ライブを行うことをいいます。逆に店側がバンドをアレンジしてその日のライブを企画することをよくブッキングとかいいます。いずれにしても一晩、だいたい6時半から10時まで代わる代わる5〜6バンド演奏します。ブッキングの場合、各バンド1〜2万円のノルマが生じます。自分らの客がくればその分負担は軽くなります。一方前者の場合、ライブハウスの使用料は全部企画するバンドが責任を持ちます。なので企画者はお客をある程度見込めるバンドを呼ぶとよいことになります。今回我々に声をかけてくれたわけですが、いまいち集客には貢献できなかったと思われます。でもそれはそれでお互い様。今度は我々が企画して呼べばよいのです。

演奏はまあまあだったようです。こういうときにかぎって演奏を録音していないのですが。。
[PR]
by stemcell | 2012-08-17 21:42