<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

論文受理

半年前に投稿した論文がようやく受理されました。前にここで書いた突飛な説を提唱した論文です。何人かの頑固なレフリーの抵抗には会いましたが、最終的には内容の濃い良い論文になったのではないかと思います。でもしばらくは論争が続くかもしれません。

この受理をまって投稿準備していた論文があります。今度はNature姉妹紙への投稿を考えています。レビューには回ってほしい。。
[PR]
by stemcell | 2013-01-26 12:27

鉄拳

表記の芸人は数年前テレビで何度か見たことがありました。顔をペインティングして出てきたのでインパクトは相当あったので顔は覚えていたのですがしかし、特に彼の芸やネタはおぼえていませんので取り立てておもしろいものではなかったのだと思います。

しかし先日新聞で久しぶりに彼に関連する記事が。記事によるとどうも自作のパラパラ漫画をu-tubeに投稿したらあれよあれよとアクセスが集中、注目を受け、しまいにはmuse(イギリスの有名ロックバンド)のビデオクリップにも使われた、と書いています。その内容は、人生を振り子になぞらえ泣ける物語、とのこと。なんのこっちゃ?でも再起できそうで良かったね、程度の感想でした。

しかし昨日ふとパソコンの前でその記事を思い出し「鉄拳」をキーワードにu-tubeで探して見てみました。するとすぐその動画が見つかりました。いやーびっくり。たしかに人生を振り子になぞらえ泣ける物語。そして不思議なことになぜ泣けるのかよくわからない。絵、動き、シナリオ、なんかが絶妙に人の感情に訴えかけるのでしょうね。すごい才能と思いました。鉄拳見直しました。
[PR]
by stemcell | 2013-01-16 06:34

体罰

バスケ部の高校生が自殺した事件がありました。どうも監督の体罰が原因とされています。自殺するほどの体罰ってどんなだろうとそのニュースを聞いたとき思いました。私が小学校、中学校の時も体罰はあったと思いますが自殺するほど厳しくされるというのは次元が違うように思いました。

私が中学校の陸上部だったとき、10人ほどの同級生とともに校舎の裏に並ばされ横っ面を端から顧問の体育教師にはられたことがあります。その日は特別学級の子と一緒に練習をすることになっていたのですが、我々はそのことを失念しており、その子との待ち合わせ時間を過ぎてもだらだらと更衣室でだべっていたのです。そのためその特別学級の子は一人で黙々とそのとき校庭を走っていたのです。それを見た顧問に怒られた、というわけです。

私はそのときとても反省しました。引っ叩かれるのは嫌でしたが、引っ叩かれるほど悪いことをしたと幼い私は思いました。このような時に引っ叩く教育が良いかどうかはさておいて、振り返ってみてそれが原因で自殺する子はいないとおもいます。なので今回の件は体罰が原因というよりは、その高校生が体罰を受けた理由の理不尽さ、そしてそれに付随する監督の言動が問題だったように思います。そもそもプレーを失敗して体罰を受けるということ自体、とても納得できるものではない上、だいぶひどいことをその時いったのでしょうね。ほとんど人格を否定するような。そもそもその顧問の人間性に相当問題があったと思います。
[PR]
by stemcell | 2013-01-13 20:47