<   2012年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

エフェクター

先日ロックイベントに出演。10バンドほどが代わる代わる一日中演奏するという企画で、なかなか楽しかったでした。しかしライブハウスでない場所にステージを組んで行うものだったので、アンプ等の機材は主催者の持ち込みです。このような場合は気温や衝撃に弱い真空管のアンプは使わわれず、トランジスタを用いたアンプを皆で使うのが普通です。

しかし我々が演奏するのはロックもしくはパンクと呼ばれる音楽なので、ギターの音はわざと歪ませた音にして演奏します。そうなるとトランジスタのアンプではきれいに歪まないのです。プロのミュージシャンも同じで、皆真空管のアンプを使っています。いまだに。

しかしトランジスタのアンプしかない場合、どうするかというと、ギターからの信号を変換するペダルもしくはエフェクターと呼ぶ機械をアンプにつなげる前に通します。そこで様々な音色にギターを音を変えられるのです。今回の場合は音を歪ませるエフェクター(ディストーションとかオーバードライブとか呼ばれます)につなげないといけませんでした。しかし歪み方はメーカーや機種によってまちまちなので、自分の好みの音が出せるエフェクターを試行錯誤しながら見つけるのです。

最近アンプエミュレータとよばれるエフェクターが売っています。これはあるメーカーの真空管アンプの音を再現できるようなエフェクターとして作られています。つまり真空管アンプがなくてもある程度真空管で歪ませたような音を再現できる、というわけです。今回のような場合にぴったりです。

先日その一つを購入。以前レコーディングで使った真空管アンプをエミュートして作られているようで、その音が気に入った私は即購入。今回練習なし、ぶっつけ本番で使ってみました。

しかしこれが大変でした。もともと歪みが異常に強く、さらに私のギターには高出力型のピックアップがついているので、アンプ側で異常に高出力の音の信号を処理できなかったのか、強くピッキングすると音が一瞬飛ぶような状態になってしまいました。きっとアナログな真空管のアンプではこの辺大丈夫なのでしょうね。時間も押しておりセッティングする時間もあまりなくそのまま演奏開始。途中音が飛びまくりで演奏しながら試行錯誤。すると途中ギター側のボリュームを下げると多少音とびが無くなることが判明。その状態で演奏しました。しかしなんか不満。100%ギターを使い切ってないところがロックでない、と。

10月はまた野外のイベントで演奏する予定なのでそれまでには練習でセッティングをいろいろ試そうと思います。やはりアンプは真空管ですね。
[PR]
by stemcell | 2012-08-29 22:06

研究費

そろそろ科研費の申請時期が近づいてきました。結局今年度のJST系の研究費は全部外れ、来年度の研究費のメドが経っていない今、気合いを入れて書こうとそろそろ考え始めています。今年から若手には出せないので結構不安です。切り替え時期はみな苦労すると言いますから。新学術には2、3送ろうかな。
[PR]
by stemcell | 2012-08-26 21:06

竹島

韓国をはじめとした近隣の国々との領土問題が騒がしい。この時になった理由はそれらの国々のある程度の経済発展が引き金になっていることは間違いないでしょう。それだけ国として自信がついたということでしょう。ウォンが破綻して国を挙げて国民の血液を輸出していたころとは明らかに違うと思います。逆に日本は経済も国の勢いもその頃にくらべ落ち気味ですし。

オリンピックでは韓国のサッカー選手が竹島は我々の領土だ、という紙を掲げていました。あの場であのような行動に出る気持ちがわかりませんね。。強引に竹島を占領している後ろめたさがあると思えば納得がいきますが、なぜサッカーの試合中なのか。

そもそも竹島は韓国領と思っている人達はいったいなにを根拠にそう信じきっているのでしょうか。どう考えても戦後のどさくさにまぎれて韓国がぶんどったとしか思えません。そのあたり韓国の人たちに是非聞いてみたい。米国や中国といった大国の助けなしに独力でぶんどった初めての領土だから思い入れがあるのでしょうかね。もしもそうなら大戦中日本が近隣の国に対して行った行為を批判することは理屈上できないことになります。

このような根本的な疑問をやはり一度近隣の国同士で話し合うような場が必要な気もします。収集がつかなくなりそうですが。韓国ももう子供のようなことは言わず大人になろうよ、というのが多くの日本人の気持ちではないでしょうかね。
[PR]
by stemcell | 2012-08-21 21:54

ライブ

先日久しぶりにライブがありました。今回は知り合いのバンドの企画に呼ばれるかたちで参加しました。「企画」というのは、あるバンドがライブハウスを貸し切り、自分が一緒にライブを行いたいと思えるバンドを呼んでその日ライブを行うことをいいます。逆に店側がバンドをアレンジしてその日のライブを企画することをよくブッキングとかいいます。いずれにしても一晩、だいたい6時半から10時まで代わる代わる5〜6バンド演奏します。ブッキングの場合、各バンド1〜2万円のノルマが生じます。自分らの客がくればその分負担は軽くなります。一方前者の場合、ライブハウスの使用料は全部企画するバンドが責任を持ちます。なので企画者はお客をある程度見込めるバンドを呼ぶとよいことになります。今回我々に声をかけてくれたわけですが、いまいち集客には貢献できなかったと思われます。でもそれはそれでお互い様。今度は我々が企画して呼べばよいのです。

演奏はまあまあだったようです。こういうときにかぎって演奏を録音していないのですが。。
[PR]
by stemcell | 2012-08-17 21:42

ANAの小金儲け主義

帰国しました。行き帰りともにANAを使いました。この航空会社、破綻したJALとは違い順調な経営を続けているようです。しかし実際乗ってみるとどうにもケチ臭いというか姑息な小金稼ぎが目につきます。この会社、数年前コーヒーを有料にしたら不評で批判がおきあわてて無料にしたことがありましたが、その他の部分でもコストをぎりぎりに削っているのが見え見えで乗っててなんか気分がよろしくない。

例えば数年前まではエコノミーでも新聞が配られました。しかし今回は無し。実際新聞があるか聞くと、後で持っていく、とまずはいいます。しばらくすると「新聞はないのだが雑誌はある。なにか持ってきたほうがやっぱりよいか」と聞かれます。雑誌はどのようなものがあるかははっきりいいません。ようするにエコノミーの客に新聞はないのだからあきらめてくれ、と言ってるのです。じゃあ雑誌を持ってきてみて、といいますが結局はそのまま放置されます。こんなことが前にもありました。ないならないと言えばいいのに。
[PR]
by stemcell | 2012-08-10 22:11

オリンピック

時差ぼけで朝早くおきてはオリンピックを見ています。当然ながら日本人の出ているシーンなんてほとんど映りません。よその国では日本がどうなろうと知ったことではないという当たり前のことが痛感できます。100メートル予選で注目選手に混じって走るのを見たくらいかな。そんなときは少しうれしく俄然応援します。海外の選手の演技が取り上げられるのは金メダルを取った選手に限られますね。特にニュースでは。

サッカーの中継もありませんし、ましてや日本が跳躍しているなんてニュースもありません。ちらっと5秒ほど触れられたくらいかな。ヨーロッパではあまりオリンピックのサッカーは注目されていないようです。逆に重量挙げは人気があるらしく、ずっと中継していす。

外国でテレビを見ているとアジアの国ではことオリンピックに関しては中国はともかく韓国が目立ちます。金メダルの獲得数の表なんかがテレビで時々出てくるのですが、韓国は現在ロシアを押さえて4位。また金メダルの獲得数が銀/銅メダルに比較して相対的に多いので、韓国選手がテレビで取り上げられる回数が多くなることも原因と思われます。逆に日本は金に比して銀とか銅メダルが多いので、どうしても負けた国は日本、という報道が多い。卓球女子団体もそうでした。金メダルととらないと海外では注目されない、という当たり前のことも再認識しました。
[PR]
by stemcell | 2012-08-08 14:10

学会

でヨーロッパに来ています。けっこう涼しい。というかほとんど夜は寒いくらい。出るときむちゃくちゃ暑かったので長袖シャツは一枚しか持ってきませんでした。フリース入れようか一瞬迷ったのですが、汗かきながら荷造りしてたら入れる気にどうしてもならなかった。。悔やまれます。
[PR]
by stemcell | 2012-08-06 03:42