<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

論文書き

論文を書き始めました。ほぼ一年ぶりかな。でも内容はそれほどたいしたことはありません。出てきたデータをかきあつめてなんとか論文にしようというのもです。でも書きはじてると結構いける論文になったりする場合もあります。 今回はわかりませんが。

最近日本から発表される学術論文の数が減ってきている、というニュースを見ました。このままでは各分野における日本発の研究の存在感が落ちると危惧されるとのこと。それは実感として感じます。大学の教員が法人化に伴って忙しくなったのが原因ではないか、といっていました。でもそれだけでもないような。たとえば最近のポスドクや若い助教の人を見ていると、昔とちがって論文かかなくなったなーと感じます。3,4年論文なし、なんてふつうになっているのではないかな。バイオの分野は論文にするに足る成果を得るのに時間がかかるとはいうけれど、実験だけやっていればよいポスドクの時代は毎年論文書くくらいでないといけないのではないかと思います。まわりがみんな書かないからそんな雰囲気になってしまうのかな。論文を自分で書けない状態のまま博士をとった人もよくいますし、それがそんな雰囲気に更に拍車をかけているのかもしれません。

あとはボスがNatureやScienceといったハイインパクトな雑誌に論文をのせることしか頭になくなってきたことが原因かもしれません。海外の人ももちろんそのような傾向はあるのでしょうが、今の日本はちょっとその傾向が強すぎるようにも思えます。少なくともポスドクの人にとってはコンスタントに普通のジャーナルに論文を載せ続けることのほうがよっぽど重要と思います。それが日本のサイエンスのためでもあるのでしょう。
[PR]
by stemcell | 2012-02-29 22:22

Flu

下の子供がインフルエンザにかかってしまいました。すぐに病院でタミフルを処方され、いまは快方に向かっています。私もなにかからだがダルく、インフルエンザに攻撃されている気配。気を抜くとやられそうなので、最近は早く寝ています。だいたいのパターンは下の子が風邪をひくとそのまま、上の子→妻→私、という順にうつります。ウイルスも必死なのでしょう。でも家族の体が作ったウイルスが体に入ってくるというのはなんか不思議な感じ。

子供の通う保育園でもインフルエンザが流行っているようで、今週予定されていたバス遠足がキャンセルになってしまいました。動物園に行く予定だったそうで、しょうがないので今度連れて行こうと思います。
[PR]
by stemcell | 2012-02-24 06:49

レコーディング

バンドの活動が鈍り気味。メンバーの仕事の多忙さもあり、去年10月を最後にライブを行っていません。呼ばれていないということもあるのだけれど。一度活動が鈍ると他のバンドからは目につかなくなって更に呼ばれなくなるという悪循環。新曲はどんどんできているのですが、それを発表できていないのです。

ということでこれを期にアルバムを作ろう、ということになりました。半年前にオムニバス用に二曲レコーディングしたことはあったのですが、今回は最低10曲は音源をこさえようということになりました。

通常はレコーディングスタジを借りてそこのエンジニアの人に録音とミックスダウンをお願いする場合が多いですが(前回はそうでした)、今回はメンバーの知り合いがMTRと呼ばれる録音用の機材を持っているとのことで、通常のスタジオに来てもらって自分らで二曲だけ録音を試みました。その彼の録音とミックスの腕もあり、なかなかのできでした。このまま10曲録音することになりそうです。

MTRという機器、20年前に使ったことはありました。当時はまだカセットテープに録音するものでした。4チャンネルしかなく、更にそのまま前の音に重ねるだけなので、別の音源ごとにいろいろ音をいじることなどできませんでした。でも今は4チャンネルといってもそれぞれをパソコンで操作できるのでアレンジもいろいろできるそうです。ちょっと楽しそう。
[PR]
by stemcell | 2012-02-19 11:54

自転車

バイクの免許が失効になり、一年前から自転車通勤です。それでいままでは問題なかったのですが、先日通勤途中に大転倒。下り坂の後の急カーブで前輪を滑らし、左半身を強打。膝が擦れてズボンは破け、来ていたコートはビリビリです。あまりの痛さにしばらく動けませんでした。こんなに転んだのは何年ぶりか。そのまま大学に行くわけにもいかず、一度家に帰って傷の手当をし、着替えてから行きました。幸い骨とかは無事だったのでよかったです。

しかしまだ全身が痛い。擦り傷なんかもこの年になると治りが遅いのでしょうね。来月のマラソン走れるか心配です。着ていたコートはことし買ったばかりのものでした。修理しようもないくらいぼろぼろ。服って壊れるんだなーと。でも服の修繕をしてくれる場所が近くにあるので一応持って行ってみようと思います。
[PR]
by stemcell | 2012-02-17 06:54

DS

ニンテンドーのDSが子供達に人気です。子供達が公園で集まってDSをやる姿なんかも見られます。電車の中で見かける親子もだいたいは子供がDSをもくもくとやっているような場合が多く、そのような光景をよく見ます。親も子供が静かにするので助かるのでしょうね。その気持ちは理解できます。小学校3年生の長男もDSが欲しくておくおねだりされます。友達の大半は持っていますし、それはしょうがないことです。しかしまだ買い与えてはいません。高学年になったら、という曖昧な返答をしています。ほんとは根拠はないのですが、なんか買ってしまうといろいろなことが疎かになるような気もするので。。

しかし子供にゲームを買ってあげるタイミングってなかなか難しいですね。基本的になくても良いものなので、積極的に買ってあげることはなかなかできないし、きっかけがないと踏み切れないというか。私がゲーマーだったら問題ないのですが、小学校の頃夢中になって以降、まったくゲームに興味がわかないのです。

私が子供の頃は同じくニンテンドーの「ブロック崩し」というテレビゲームが流行っていました。欲しくて親に相談し、結局3つ上の兄と一緒に、当時バスで通っていた2キロ先の小学校まで歩いて通学し、その定期代で購入してもよし、ということに確かなったのです。そんなきっかけがあればよいのですが。

ある日、そのうちの長男、欲しさのあまりかカマボコの木にマジック書きでDSを作って、エアDSして遊んでいたことがありました。その時はさすがに買ってやろうと思いました・・
[PR]
by stemcell | 2012-02-11 16:51

年度末

例年ながらこの時分、卒業研究、修士論文発表会と重なり、いろいろ忙しくなります。理系の場合、発表が終わっても研究の残りを行ったり仕事の引き継ぎを行ったりと卒業する学生も慌ただしく3月を過ごし、バタバタと4月に入社式、という人が多いです。でも毎年のことながら、最後の発表をする頃になってようやく研究が楽しくなり始める人達がいます。もっと早くになってくれればよいのですが、それはそれで難しいのでしょうね。指導のしかたのまずさかもしれませんが。
[PR]
by stemcell | 2012-02-09 21:29