<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大阪 選挙

大阪のダブル選挙、橋本陣営が勝ったようです。圧勝、との報道ですが、私はもっと得票差があってダントツで勝つと思っていました。最後は対抗馬も頑張ったのですね。なんでもほとんどの政党は反維新の会にまわったそうですから。

しかしこの橋本さん、私とほぼ同年齢です。人間は基本的に新しいことを始めたり新しい物を取り入れることに拒否感を示すようで、なにか今までと違うことを始めたり新しい物を導入しようとする時は必ず反対勢力が出てきます。それに対抗して新しいことを始めたり新しいものを導入するのは、気力、体力が充実していると思われる我々の世代が最も適切かもしれません。研究にしても同じで、歳をとるとほぼ惰性でテーマが選ばれるようになってしまいますが、私くらいの年齢だとまだまだ新しいことにトライできる気がします。

しかし重要なのはやりきる能力でしょう。新しいことを始めるのは良いですが、それをやりきらないといけません。
[PR]
by stemcell | 2011-11-28 07:05

温泉

週末は車で数時間のところにある温泉に行きました。しかし受付の50頃とおぼしき女性に子供の年を聞かれたので、「3歳」とこたえるとなにやら疑わしい目つき。おむつは外れているかを問題にしているのです。最近こんな場所が多くなりました。客層の大部分を占める年寄りが嫌がるのでしょう。この考え方ははっきりいって外国人お断りの銭湯みたいなものです。子供連れの客は実質的にその温泉に入れないのですから。一種の人種差別です。そんな自分本位な考え方ことをする人に限って逆におむつをつけたお年寄りお断り、なんて温泉があったら人権侵害などと大騒ぎするのでしょう。

この国は子供よりお年寄り優先社会です。その考え方は、儒教の教えが残る国では珍しくありませんしけっして悪いことでもないと思いますが、世界的にスタンダードでは無いです。世界にはお年寄りが電車で子供に席を譲る国も確かにあるのです。生物学的には(子孫を繁栄させるという意味で)それが自然とも思えます。私は、日本はもう少し若い人のことを考えるべきだし、それなりのお金(税金)をつかうべきと思います。
[PR]
by stemcell | 2011-11-22 22:23

北朝鮮での試合

サッカー日本代表が北朝鮮での試合で負けたそうです。監督が交代して初めての敗北。でもよいのではないですか。いつかは負けるのですから。勝ち続けるチームなどないのです。対北朝鮮でしかも平壌で負けるとはなかなか印象深い。

新聞記事で、よど号ハイジャック事件の犯人で北朝鮮に亡命した日本人が試合を観戦していたとのこと。その人のコメントも載っていました。最初は北朝鮮を応援していたのだが、最後はやっぱり日本を応援してしまうね、とのコメント。同じコメントはワールドカップの対ブラジル戦を見ていた日系ブラジル人からも聞いた記憶があります。それだけ生まれ故郷は忘れがたいのでしょう。ひょっとすると日本人はそんな気質を強く持っているのかもしれません。海外で研究者として研究していても、多くの場合、特に年をとるにつれて、日本に帰ってくることを望む人が多いといいます。理由はわかりませんが、きっと忘れがたい土地なのでしょう。でもそのような気持ちを体験できることは、勉強や仕事で海外にいく良い面と思います。
[PR]
by stemcell | 2011-11-16 19:08

高校生のバンド

先週末、テレビを見ていたら、NHK教育テレビで高校生のバンド大会が放送されていました。オリジナル曲をバンド単位で代わる代わる演奏するというものでした。このような番組は、私が高校生くらいのころはなかったので、興味があって数バンド見てみました。お天気お姉さんに対する憧れの気持ちを歌ったものや、地元の民謡をロック風にアレンジしたものなどが演奏されていました。はっきりいって退屈でした。まったくロックを感じません。まあ教育テレビでそんのものを求めるのが無理というものですが。

しかし、その民謡をアレンジしていたものは少し興味深かったです。まったく違う音楽形態を融合させるのは日本人は得意なのですかね。潜在的に。まったくのオリジナルな音楽を作るのは苦手だとしても、アレンジするのは得なのかもしれません。やはりなにか研究と似ているような。

私が高校生のころは「イカすバンド天国」という深夜番組が話題でした。仲間といつか出るぜーなどど言い合ったものでした。そのころはバンドブームでしたからね。その後ブームは廃れ、その番組もなくなりましたが。しかし最近、上記のような番組ができているということは高校生に再びバンドブームが来ているのでしょうか。なんでも「軽音」というアニメが人気とのことで、その影響かもしれません。流行は巡る、という言葉がよぎりますがそれだけ私も年をとったのでしょう。番組を見ながらそんなことを考えました。
[PR]
by stemcell | 2011-11-09 21:12

風邪

風邪をひきました。なかなかにつらい。熱は無いのだけれども全身のダルさがひどいです。

職場ではちらほらインフルエンザの予防接種が話題です。自治体によって予防接種の開始日が異なるようで、子供には一刻も早く打ってもらいたいと願う研究員の人なんかは隣の自治体まで電車で行って打ちに行く人もいました。

でもこのインフルエンザのワクチンは打ったからといってインフルエンザにかからないというわけではないといいます。私が子供頃は学校で集団接種でした。それがなぜ任意接種になったかというと、ワクチン接種で副作用の影響が出る人と、インフルエンザ罹患による影響が出る人の割合が、前者のほうが多いとかそういうことだったと記憶しています。だとするとこぞってワクチン接種を受けなくても良いように思うのですがどうなのでしょうか。このような統計学的な問題の調査はきちんと継続的に調査を行ってもらいたいものです。
[PR]
by stemcell | 2011-11-05 17:47