<   2010年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

筆記試験

免許失効発覚後、すぐに仮免許を取得し、先日駆け込みで学科試験を受けました。勉強する期間もあまり無かったので、試験を受ける日の午前中(試験は午後)教習所の近くにある受験予備校のような所に行きました。仮免許を取りに行くときに見つけたのです。

朝9時からやっているというので早起きして行きました。すると想定問題が8個ほどありそれをといていくというものでした。最後に講師による間違えやすい問題の解説がありました。問題を解く時間は二時間半ほどでしたが私は4個ほどしか行えませんでした。100問中だいたいそれぞれ10問間違えました。本番では90問正解で合格なのでぎりぎりです。しかし講師は間違えたとこだけをしっかり押さえておけば大丈夫と太鼓判を押しました。

そして本番。するとびっくり、多くの問いが予備校でやったものと酷似しています。すらすら解けました。終わってみれば98点で見事合格。今回は予備校に行って助かりました。しかしどうやってあの想定問題を作ったのでしょうか。不思議です。

予備校には最終的に20人ほど来ていましたが、ほとんどは教習所終わって最後の学科試験を受けに行く人達でした。そのような人の中にはちらほら落ちている人もいるようなので、数時間前にちょこっとその予備校に行けば受かるというものでもなさそうです。しかし運転歴のある私のような失効者で時間のない人は予備校にいくと助かると思います。最も失効しなければ関係ありませんが。

年明けに実技試験です。こちらはまあ大丈夫でしょう。それに通っても、今は初心者講習なるものがあるようで、またまた一日かけて教習所に通わなくては最終的に免許はもらえないようです。あとは二輪もあります。。先は長い。
[PR]
by stemcell | 2010-12-30 06:46

人生の落とし穴

これを人生の落とし穴と言わずしてなんと言うのでしょう。免許の更新期限を7月過ぎており、失効してしまっていることが判明しました。超ショック。私は普通自動車と自動二輪中型と両方の免許があるのですが、これが両方失効です。

ショックの中いろいろ調べてみると、6ヶ月過ぎまでは手続きだけで復活できたようです。しかしなんの理由も無く(入院や海外滞在など)更新を6ヶ月怠った場合、もう復活不可能。。それでも一年経っていなければ普通自動車は仮免許はもらえるようです。なので私はまず仮免許をもらい、数日同乗者のもと路上練習をし、試験場で最終の筆記試験を受け、受かったら実技試験(いわゆる一発試験)を受け、それで受かれば免許が再交付されるようです。仮免からの取り直しは免れそうですが、そんなことをいまからしなければいけないとおもうとクラクラです。さらに問題なのは自動二輪ですね。せっかく苦労して取ったのに完全に失効です。筆記試験は普通自動車のものと一緒のようなので、普通免許の筆記に受かれば免除されるようですが、試験場で実技一発試験で受かるのですかね。。

しかしそもそも昔は更新時期には免許センターからはがきがきましたよね。今回は絶対に来ていない!ふざけるなー
[PR]
by stemcell | 2010-12-25 19:26

ギターみちがえる

修理に出していたギターを昨日取りにいきました。ネックの曲がりは予想以上で、そっているというよりは波打っていたそうです。しょうがないのでフレットを部分的にすり、なんとか弦高をそろえることができたそうです。前よりも格段に弾きやすくなりました。

チューニングも狂いにくくなるようにナットの穴を少し削ったとのことでした。あまり削ると今度は弦がビビるのでその兼ね合いが難しいそうです。チューニングは狂いにくくなったかは少し練習で弾いてみないとわかりません。これでもダメならナットを交換するしかなさそうです。問題のピックアップもいろいろ工夫してくれて、もうガムテープで止める必要はなくなりました。

私の持って行ったギターはギブソンのレスポールに似せて作ったフェルナンデスと言う国内メーカーのギターです。20年前に購入したのですが、当時の値段で4〜5万円くらいだったかな。本物のレスポールの4〜5分の1の値段です。作りはまあそれなりでしかないとは思っていましたが、今回それを痛感しました。

今回ギターを引き取りにいったとき、他のお客さんから修理を依頼された本物のレスポールが店にありました。いまから50年ほど前の本物のビンテージギターです。近くで見たのは初めてでしたが、結構驚きでした。見てすぐに手作りというのがわかります。切り出したボディーが対称ではないのですよね。それとすごく重い。片手で持てないほどでした。細部も丁寧に作っていてやはり本物、という感じでした。今新品のレスポールであれほどのものは売っていないと思われます。大量生産しているのでしょうし。是非弾いてみたく思いました。
[PR]
by stemcell | 2010-12-24 22:22

お菓子の家と研究発表

昨年のクリスマス時期にクッキーをもとにお菓子の家を作りました(ブログでもその話題にふれたと思います)。今年も作ろうと妻が似たような商品を買ってきました。しかし今年は少し簡単に、子供たちだけで作れるように星形のクッキーを重ね合わせて作る簡単なものです。それでも喜んで作っていました。

今週末は国際会議で発表する予定があり、これから発表ファイル作りです。一年前の会議と数人は同じメンバーなので少しは進展させた話をしないといけないのでしょうが、データが実はあまりありません。それでもなんとかデータの示し方を再構成して新しい話題として発表しないといけないと思っています。あるときある海外の研究者と2ヶ月しかまたがない研究会で一緒になったことがあります。彼の両方の会議での発表を聞く会がありましたが、データは同じなのに、見事に違った話題の話として完結させていました。なかなかあっぱれという感じでした。それを私もいつか見習おうと思っていたのですが、今回との時がきたようです。

f0152146_1832257.jpg

[PR]
by stemcell | 2010-12-16 18:03

ギター修理完了

ギターの修理が完了したと連絡がありました。早く弾いてみたい。でも今週は出張で取りにいけません。残念。無事に修理できたのだろうか。。
[PR]
by stemcell | 2010-12-14 22:57

研究費

大学の特に理系の教員は自分の研究を行うために様々な研究費に応募して採択されないと、研究する行うことは基本的にできません。研究にかなりのお金がかかるからです。国の税金を基にした研究費制度は旧文部省系の科学研究費補助金、もう一つは旧科技庁系の戦略的研究推進事業(JST)があります。前者はボトムアップ型の基礎研究を、後者はトップダウン型の応用研究を指向していると言えます。とくに近年の政府とった大幅な二酸化炭素削減目標などに応じて、JSTの研究費は大きく応用研究に傾いています。そこで多くの基礎研究を行ってきた人達が応用研究的なプロポーザルと書いて研究費を獲得しようと目論んでいます。JSTの研究費は科学研究費補助金に比べ額が大きいものが多いのでなおさらです。ほんとにどれくらい本人達は応用研究を行う気があるのかは怪しいですが、生き残るためにはしょうがないということでしょう。

獲得できた研究費は所属機関(私の場合大学)が管理し、私的に使用することはできません。試薬や物品は請求書払い(品物と同時に請求書をもらい、それに従い大学が業者に振り込む)が基本です。なので研究目的以外の使用はまずできません。しかし管理は所属機関が行うので、私立大学なんかは結構この辺があまいと聞いたことがあります。某有名私大W大の有名教授が自分の株取引かなんかに流用したとかいうニュースが5、6年前ありました。今はさすがに厳しくなったのだと思いますが。
[PR]
by stemcell | 2010-12-11 15:11

ギターの思いで

友人のギターリペアショップにギターを持っていきました。店の名前は知っていたのでホームページで探したらすぐ出てきました。少し駅から離れていましたが迷わす行けました。彼に会うのはかれこれ7年ぶりくらいかな。同じ陸上部の同級生の結婚式のときに会って以来です。そのときに脱サラしてギターリペアショップを始めたことを聞いたのです。そのときはだいぶびっくりしました。学生のころはそこまでギターに思い入れがある奴だとは思いませんでしたから。当時はいろいろな人とバンドを組みましたが、結局音楽で飯を食べているのは(バンドではないですが)彼くらいです。その時私はポスドクで、今の場所とは違うところにいたこともありその後ショップを訪ねる機会もなく、あっという間に7年が経ってしまいました。

今回久しぶりに会いましたが元気にレペアマンやっていました。もともと職人気質なところのある奴だったので、その仕事が合っているように見えました。もっていったギターを見せると、我ながらぼろぼろだなーと痛感。ネックは曲がり気味で通常のエレキギターの2倍以上の弦高、ナットは外れており、ピックアップ(ギターの音をひろうマイクのことです)はネジ穴が折れ固定できずガムテープで止めている始末。あまりのひどさに多少怒られるかと思いきや、まったく動じず、丁寧に見てくれました。もっとひどい状態のギターを持ってくる人もいるとのことでした。すっかりプロですね。もっともいろいろ聞いてみると、初めてのお客さんは大抵最初ギターを持ってくるとき、なんかいろいろ言われるんじゃないかと心配しながら来るとのこと。そんなことはことはないので気楽に来てほしいとの願いが彼にはあるらしい。本心はわかりませんが。

その場でざっと見たところ、ナットの調整、ネックの調整等をすることになりました。今よりはだいぶ状態は改善されるとのことでしたが、どうなりますか。ガムテープで固定してあったピックアップも外してみました。するとピックアップの底上げに薬の空ケースが埋め込まれていました。そのピックアップは私が18歳の頃に別売りで買ってきて自分で取り付けたのです。ピックアップの有名メーカーダンカンのものです。お店で頼んでつけてもらえばよいものを、ケチったのか自分でつけることにしました。配線は無事にできました。しかしその時なんらかの拍子でピックアップ側のネジ穴部分がおれ、ギターに固定できなくなってしまったのです。しょうがないので当時於かされた皮膚病の治療につかった薬の空ケースをプックアップの下に入れて(すると高さがぴったりになったのです)上からガムテープで固定したのでした。かれこれ20年前です。空ケースを埋め込んだことなどすっかり忘れており、それを見たときちょっとしたタイムスリップに落ち入りました。一生懸命にハンダゴテした記憶がよみがえりました。

結局2時間ほどおしゃべりをしてしまいました。修理は年内には終わるだろうとのことでした。ギターを取りにいくときは食事でも一緒にしようかな。
[PR]
by stemcell | 2010-12-10 23:15

ギターレペア

先日のライブの音源を聞いて、演奏中の私のギターのチューニングのあまりの狂いように関しては前回書きました。チョーキング(英語ではベンディングといい弦を押さえている指で弦を引っ張り音程を上げること)するだけで大きく狂っていますから、これはギターの問題と判断しました。ナットの穴の部分と弦の角度が合っていないようで、チューニングもスムーズではなかったのです。ネックも少し曲がっていて弦高もかなり高い状態です。だましだまし使っていましたが、観念して修理に持っていこうと思います。

学生のときの部活(陸上部)で一緒だった20年前の同級生がギターリペアショップをやっているのでそこに持っていくことにします。彼は会った頃、ギターは弾いていなかったのですが、音楽は好きでした。卒業後就職しましたが、ギター制作の専門学校に入り直し10年ほど前からリペアショップをやっています。私も初めて店にいくことになります。
[PR]
by stemcell | 2010-12-09 06:30

ライブでの演奏

先日バンドのライブがありました。初めての場所でのライブです。私たちのようなアマチュアバンドはライブの度に自分たちの機材を持ちもむなんてことはしません。楽器だけを持っていって、ライブハウスに置いてある機材を使って演奏します。なのでギターのように音がアンプに大きく左右される楽器の場合、そこにどのようなアンプが置いてあるかで音が大きく変わり、それに伴ってバンド全体の出来も大きく左右されます。なので機材のそろっているスタジオで毎回同じ機材を使って練習しても、本番ではまったく違う状態で演奏するわけなので、あまりそこでの出来はあてになりません。まあ不自由なところで演奏するのもそれはそれで面白いところも(少なくとも私は)ありはします。メンバーは困ると思いますが。

今回の会場にもギターアンプは数台ありましたが、今まで使ったことのあるアンプはありませんでした。しかし一つマーシャルという私がよく好んで使うギターアンプメーカーのものがあったので、それを使いました。初めて見るマーシャルのアンプでした。使ってみるとなかなかよいアンプでした。適度に歪み、マーシャル独特の鼻詰まりの音もよく出ました。演奏後、主催してくれた人にギターの音が良かったと言われ、少しうれしい。私のように太い弦を張る人は最近おらず、そのことによる音の抜けの良さによるものでしょう。こればかりはアンプやギターの違いでどうにかなるものではありません。かなり弾きにくくなるので最近太い弦を張る人はいませんが、そもそもその良さに気づく人はあまりいないのです。

その人の知り合いが演奏をテープに録音してくれていて、翌日早速CDに焼いてくれました。ちょっと音をほめられたもので期待して聞いたところ、、、途中でチューニングは狂うは所々間違えているはでとても納得のいく演奏ではありませんでした。特に最近歪みを極力抑えるようにアンプをセッティングしているので、微妙なピッキングのニュアンスを表現できる反面、ミスがもろに出ます。歪ませるとサステインがきいてごまかせるところもあるのですがね。。ギターは難しいものと再認識しました。
[PR]
by stemcell | 2010-12-06 22:51

ヒ素

ちまたで噂のヒ素をつかって生きるバクテリア、私もこれはちょっと驚きました。にわかには信じられないくらいの発見だと思います。原著論文はまだちゃんと読んでいませんが、タンパク質、DNAや他の核酸に、リンの代わりにヒ素が使われているということだと思います。たとえばこの菌のゲノムDNAはPCRで増えるのかな?そもそもクローニングもできないのだろうか?などと思ってました。この菌のDNAポリメラーゼやRNAポリメラーゼは調べなければいけないでしょうね。
[PR]
by stemcell | 2010-12-03 22:37