<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

年度末恒例の研究費消費

研究費は年度ごとに額が決まっています。つまり4〜3月の12ヶ月の研究のお金として毎年度、年度始めに支給されてきます(採択されていればの話ですが)。ということは支給されたお金は3月末には使いきる必要が出てきます。残ると事務的にはまずいのです。理由の一つはその見積もりが甘かったということでマイナス評価になる、二つ目は残ったということは次年度の研究費を削ってもよいということになり、研究費が削られる理由になってしまう、ということがあります。研究費を支給する学術振興会や文科省も財務省からのお金を減らされる原因にもなるので困る、という事情もあります。なので年度末には、毎年度末恒例の道路工事のように、研究費を使い切るために大量の消耗費(たいていは試薬)を買い込むことになります。お金を残すというのはそれだけ経済的に研究したということで評価されてもいいような気がしますが、そうはならないのです。

というわけで3月に入ってしまうと研究費をほとんど使い切っているので新しい試薬が買えない事態によく陥ります。今回もすぐにプライマーを頼んでクローニングしなければいけないのですが4月になるまでおあずけです。まったくこの融通のきかない日本のシステムでどれほど研究が遅れていることか。2年以上の研究プロジェクトだったら毎年研究を仕切らずに会計は最後にまとめてほしいものです。研究成果や年度計画書も毎年出す必要があるのかきわめて疑問です。特に科研費の中間報告なんてだれが読むのでしょう。それを見て次年度の額を決めているわけでもないですし。そもそも毎年会計を仕切るために研究費を効率よく使えていない点は重用視すべきと思います。税金なのですから。
[PR]
by stemcell | 2010-03-30 21:40

査読

数ヶ月前より書き始めた論文がようやく出来上がりつつあります。あとは他の著者に見てもらい意見をもらい、英文校閲に出し投稿ということになります。今回の論文はまあまあのできと思います。インパクトファクターが8〜10くらいのところを狙おうと思います。

この時期はもらっている研究費の今年度の成果報告書や次年度の計画書などの書類が溜まってきて、実験がなかなかできません。加えて先週は学会やその後に引き続く出張で一週間ほどラボを留守にしていました。4月になると4年生も入ってきますので、その下準備などもしなくてはいけません。といういそがしい時にかぎって論文の査読を頼まれたりします。今回のはもろに私の仕事と関係するので引き受けましたが。ざっと読んだところいろいろ問題がありそうな論文なので多少レビューに時間がかかるかもしれません。知り合いの研究者の論文なのですがリジェクトかな。。でも私がコメントを書くとおそらく向こうは私とわかるでしょう。でもサイエンスはサイエンス。手加減はできません。といいたいところですが、先のことを(つまり私が投稿した論文が彼らに回る可能性も高い)考えたりもして多少ビビってます。
[PR]
by stemcell | 2010-03-27 16:41

学会参加

先日学会に参加しました。最近新しく始めたテーマが思わぬ結果となり、今後の仕事の方向性を見いだそうと今まであまり貢献してこなかった研究領域(でも学会は同じ)の発表会場にいました。なので個々の発表はとても興味深く、今後の仕事に多いに参考になる知見を得ることができました。やはり勉強する気があると勉強できるものだな、と思いました。

いろいろな学会がありますが大抵の学会は年に一回今回のような研究発表会を催します。それは同じ研究領域の昔の友人に会える貴重な機会でもあり、学会会期中は夜そのような人達と飲みに出かけることが多いです。私は過去いろいろな大学や研究所にいましたので、今回ほとんど日替わりでそのような人達と飲みに行っていました。大きく体調を崩さなかったのは幸いです。

今回の学会では、昔の研究者仲間の一人が車で参加し、途中ドライブに連れて行ってくれました(J君ありがとう)。というわけで今回はとても有意義な学会でした。
[PR]
by stemcell | 2010-03-22 07:29

風邪

2歳の長女がずっと風邪をひいています。熱はないのですが鼻水と咳が10日ほど続いています。特に夜中に咳がひどくなるのですね。熱はないので保育園には通っているのですが。ちょっと心配です。今このような風邪が流行っているのでしょうか。
[PR]
by stemcell | 2010-03-17 06:43

年度末

今年度ももうすぐ終わりです。去年も書いたような気がしますが、あっという間の一年でした。年々早くなる気がします。前何かで聞いたのですが、歳をとるにつれて一年が早く感じるようになるのは、それまで生きてきた期間との比が年々低くなるためだ、とのこと。結構説得力があります。二歳児にとったら一年は人生の半分の期間ですものね。

論文を書き始めたと一ヶ月前に書きましたが遅々として進みません。年度末に処理しなければいけない書類やら何やらで慌ただしく落ち着いて論文が書けませんね。。それでもなんとか今月中に草稿は書き上げたいと考えています。
[PR]
by stemcell | 2010-03-11 20:52

スウェーデン語

私は大学生のとき交換留学で一年ほどオーストラリアにいたことがあります。そこでスウェーデンからきた学生と親しくなりました。彼はどういうわけかアジアの女性が好みのようで(海外に行くとたまにこういう人はいて、おそらく自国の女性にはあまり見向きされないものと思われます)日本語を教えてくれと頼まれました。ようするに口説き文句と言うか話題作りとして。

とりあえずHelloはKon-nichiwa、「You are pretty」はAnatawa Kawaii desuneくらいを教えた記憶があります。ついでにその時スウェーデン語ではどういうのかを教えてもらいました。Helloはフーアーレゲット、You are prettyはドウーエス スヌークというんだよ、と教わりました。どれくらい正しいのかは定かではありませんが、その言い回しだけは15年経ったあとでも憶えていました。

この言葉を実際にスウェーデンの女性にたいして用いることは、もちろんありませんでした。しかし先日ラボにスウェーデンからシニアの(男性)研究者が訪ねてきました。夕食時に15年前に憶えたスウェーデン語を試しに聞いてもらったところ、通じました。ちょっとうれしかったです。ただしフーアーレゲットという挨拶はかなりフランクな言い方なようで、年上の人にはまず使わないとのことでした。日本で言えば「ウっす」てな感じでしょうか。

そんなスウェーデン語を教えてくれたKalle君、その後卒業しシンガポールに就職、現地で念願のガールフレンドもできたと聞きました。でもそれも10年前の話でその後音信不通になったままです。今はなにしているのでしょう。久しぶりに会いたくなりました。教えた日本語は使う機会はあったのかな。。
[PR]
by stemcell | 2010-03-04 21:50