<   2008年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

花火

近所の団地で花火大会がありました。この団地、20年ほど前に山を切り崩して建てた団地群で、20階建てのマンションのような建物が整然とならび、最初足を踏み入れた時はスペースコロニーを連想させました。そこでは毎年住民と商店街が中心となって夏祭りをしているのですが、その時花火を上げるのです。私の家からは自転車で10分ほどなので、今回は長男を荷台に乗せて見に行きました。大して大きな花火は上がらないのですが、間近で見れるということもあり、時間が合えば毎年見に行っていました。

最近近所に大きなショッピングモールができて、その団地の商店街もかなり客を取られているとききます。その影響か今年の花火は約20分で終了。ちょっと寂しかったですが、しょうがないですね。そのうち花火も無くなってしまいそうです。


f0152146_1914668.jpg

[PR]
by stemcell | 2008-07-27 19:01

夕涼み会

先日の連休、子供が通う保育園の夕涼会がありました。これは園で子供達のために企画した盆踊りのようなもので、園庭で子供たちが太鼓を叩いたり盆踊りを踊ったりする祭りの様なものです。子供達が太鼓を叩いたり、神輿を担いで近所を練り歩いたりしました。

長男は今年、0歳の長女と同じ保育園に通うため転園しました。昨年まで通っていた保育園はできたての若い保育園で、一応夕涼み会はありましたが、先生達も慣れていないためか、なし崩しに始まり、フェードアウトに締まらず終わった感じでした。新しい保育園は昔でいう公立保育園なので先生達も手慣れたものでだいぶ完成された会でした。保護者会や近所の高校生の出店もあって盛況でした。私も子供の頃は保育園に通っていましたが、この夕涼み会というのはありませんでした。いつ頃から始まったものなのでしょうかね。
[PR]
by stemcell | 2008-07-23 20:35

ライブ

週末バンドの練習がありました。初ライブが8月中頃に決まり、演奏曲のセットリストを作成しました。だいぶかたちになってきました。私が最後にライブをしたのはポスドク時滞在した米国でのライブが最後になりますので、かれこれ5、6年ぶりです。きっと演奏後はくたくたになっているでしょう。米国との違いの一つは出演バンドの集合時間で、米国では演奏前にちょこっとリハをしてすぐスタートでしたが、日本では当日3時か4時ごろには集まってリハーサルをすることのこと。早すぎますよね。その分プロ並みにリハで音の設定をしたりしてくいれるのですが。

日本のライブハウスに出演する場合、単独でライブをすることはまず無く、いくつかのバンドと一緒に入れ替わりで出ます(タイバンといいます)。知り合いのバンドがいればそのバンドと一緒に出させてもらうこともできますが、通常はまず音源をライブハウス側に渡し、店側がそれを聞いて曲のジャンルある程度把握し他の出演バンドを決めブッキングします。その場合どのバンドと一緒になるのかはわかりません。

最初のライブはボーカルの知り合いのバンドの企画ライブに一緒に出させてもらうことになりました。その次はブッキングでのライブです。昔一緒にバンドをやった私の友人も、まだバンド活動をしていますので、ちょっと活動場所が離れていますが、いつか一緒に出たいと思っています。
[PR]
by stemcell | 2008-07-20 15:41

RNA

染色体はDNA(デオキシリボ核酸の略です)でできています。長い染色体の中のところどころに遺伝情報がコードされていています。バクテリアの染色体には4000ほどの遺伝子がある、と言われています。個々の遺伝子はDNAを鋳型にしてRNAに転写されます。RNAも核酸の一種です。RNAを鋳型にして遺伝子の情報をもとにタンパク質が作られます。したがって昨今の生物学の研究においては、DNA, RNA, タンパク質の3つを主に取り扱います。

今日はRNAを扱いました。RNAは同じ核酸分子でできているDNAに比べ取り扱いに慎重さが求められます。細胞内ではDNAは重要な遺伝情報を保つ役割があるため比較的安定に存在していますが、RNAは一過的に作られその役割を終えると速やかに分解されます。ですのでRNAは分解されやすく(分解する酵素が多くかつ丈夫なためです)、実験中も分解されないようにいろいろな工夫をする必要があります。

人の汗はRNAを分解する酵素が含まれていると言われているので、RNAを扱う実験中は手袋をかならず着用します。白衣も必須です。実験机はもちろん、研究室によっては部屋を別にするところもあります。所属ラボはRNAを扱う部屋は別になっていますが、そこにはなんと空調がありません。今日のように暑い日は汗だくでの操作になります。これはこれで危険ですよね。
[PR]
by stemcell | 2008-07-17 21:10

論文の改訂

2ヶ月ほど前に、投稿してあった論文のレバイズ(改訂)を求められた、という話をしました。今週その改訂論文をエディターに送りました。レフリーは3人いましたが(誰かは著者には明かされません)、コメントはかなり厳しく、エディターはよくレバイズ扱いにしてくれたなーという感じでした。きっとレフリーは論文の重要性は認めていたものと思います。追加実験を求められていないのも要因でしょう。

しかしコアとなる実験結果に対する解釈が私のものとレフリーのものとはだいぶ違っていました。レフリーの意見をある程度取り入れつつ私の主張を変えない、という作業でなかなか苦労しました。もちろん中には非常に重要な指摘も含まれており、こういった指摘に答えることで論文がさらに良いものになります。このように論文はレフリーと著者の共同作業で出来上がったものが最終的に出版されます。その掲載の採否は、実際は通常2、3人、多い場合でも4、5人できめている、ということになります。

改訂論文の提出期限は2ヶ月となっていましたが、追加実験無く改訂に2ヶ月かかったのは過去にありませんでした。それほど今回は慎重に改訂しました。当該分野はそれほど大きいわけではないので、3人のレフリーのコメントを読めばだいたい誰かは予想がつきます。その人たちの最近の論文を、追加して引用する、という配慮もしました。

簡単な改訂のみを求められていた場合はエディターがそれを見ただけで最終的な採否を決める場合もありますが、今回は間違いなく3人のレフリーにもう一度回るでしょう。どういう意見が返ってくるか楽しみでもあります。
[PR]
by stemcell | 2008-07-12 22:13

ビール作り2

先週末ビールの仕込みの続きを行いました。2週間前にビールのもとと酵母を混ぜ一次発酵(この時酵母はアルコールを作ります)を行っていました。1、2週間でだいたいアルコール発酵が終わるので、今回はその瓶詰めです。瓶は以前からためてあったものを使います。したがい飲み終わった後瓶は捨てずに押し入れにとっておかないと次回ビールをつくるときに困ることになります。ペットボトルでもいいらしいのですが、あまり気分が出ないので私は打栓機をつかってビールをつめることにしています。大瓶を使えば数は少なくてすむのですが、毎日飲むには多いので、写真のような小瓶に詰めました。その分数が多くなるので少し面倒ではあります。砂糖と一緒に一次発酵液をいれ栓をします。すると酵母が炭酸を出し、1、2週間後シュワーとしたビールになるというわけです。結構おいしそうです。今週末に最初の栓を開けようと思います。

f0152146_222724100.jpg

[PR]
by stemcell | 2008-07-09 22:37

子供の寝かしつけ

今日は妻が勤務先の打ち上げがあるとのことで2人の子供の寝かしつけを初めて一人でやることになりました。といっても向こうも心配だったようで一番大変なお風呂を入れるところまではやってくれました。私は夜7時までバンドの練習があり、したがって一次会から出席することはあきらめてもらい(ごめんよ)、2次会から出席することになっていました。彼女は下の子が生まれてから夜出かけることができなかったので、今頃は羽を伸ばしていることでしょう。

彼女の勤務先は私のバンドの練習があった駅を通過していくので、途中の駅まで2人の子供と来てもらい私と落ち合って、子供を引き渡してから2次会に行く、という作戦でした。というわけで、電車に子供と3人で乗って帰ってきました。これも初めての経験でした。1人で2人の子供に目をくばるのはなかなか大変なものだ、というのもわかりました。

上の子が一歳前のとき、同じように一人で夜寝かしつけたことがあります。その時は泣いて泣いて大変だった記憶があります。泣き止まないので夜中寒空のなか一時間くらいぐるぐる家の周りを徘徊したものでした。そんな上の子(5歳です)はもうほとんど手がかからずに今夜は一人で寝てしまいました。下の子もミルクを飲んだらすぐに寝てしまいました。なんだか拍子抜けです。
[PR]
by stemcell | 2008-07-05 23:00

洗濯機

洗濯機が壊れてしまいました。買ったのはほんの5年前で、2年目に異常な騒音を回転時に出すようになり、修理を依頼したのですがほとんどなおらずだましだまし使ってきました。今回もメーカーの修理を呼んだのですがモーターを交換する必要があるとのこと。交換で4万ほどかかるそうで、結局買った方が安いとのことです。日本の家電はたいていこんな感じですよね。直すより買う方が安い、という。日本の技術があれば数十年はもつ家電を作れそうなものですが、きっとそんなことはせず、適度に壊れる製品を作っているのでしょう。でないと売れません。しかし今度買う洗濯機は絶対にこのメーカーの製品は買いません。

保育園児が2人いると毎日洗濯物の山ですので、一日たりとも洗濯を休むわけにはいきません。一度ケジラミがはやったときに毎日お昼寝用のシーツを洗濯するはめになったことがあります。それよりはよいですが。幸い近くにコインランドリーができたのでちょうど良かったです。1回3百円。最新鋭機なのでしょうか洗剤不要でオゾンで洗うとか。しかしそれはうちの壊れた洗濯機のメーカーの製品でした。
[PR]
by stemcell | 2008-07-03 20:39

クローニング

最近ある遺伝子をクローニングしようと実験をしています。特定の遺伝子をコードするDNAをPCRと呼ばれる方法で増幅し、それを大腸菌内で複製するベクターにくっつけ大腸菌に導入し、その遺伝子DNAを増やす、という実験です。研究対象の遺伝子を大腸菌で増やすというのは常套手段で、生物学的研究には必須の操作です。増やしたDNAをさらに切ったり貼ったりして組み変えて、その機能を調べるのです。

このような実験は学生時代から何百回と行ってきましたが、昨今この操作のための実験試薬の開発が進み、昔に比べると簡単かつ迅速に行えるようになったと思います。といっても試薬を使うのは人間なので、その人の経験が実験成功のために重要であることは変わりません。

しかし今回のクローニングはなぜかなかなかうまく行かないのですね・・その遺伝子が大腸菌に悪さでもするのでしょうか。
[PR]
by stemcell | 2008-07-01 09:09