<< ダブル筆頭著者 研究手法 >>

論文の著者順

学術論文を発表する際、その著者の名前の順番というのは重要です。研究者の評価はその人の発表論文で評価される事が多く、その際、その研究者の名前がそれぞれの発表論文の著者の並びでどこに位置しているのか、でその人の各論文に対する貢献度を量られるからです。

我々の分野では、筆頭著者に主な実験を遂行した人の名前がきて、最後にその論文の主な実験が行われた研究室のボスの名前が来ます。ですので重要なのは最初と最後の位置取りとなります。次に重要となるのが、コレスポンディングオーサーです。これはその論文に関する質問や別刷請求先として、いわばその論文に責任を持つ人のことで、論文中の著者の中でその人の名前のところに米印(*)がつきます。これも少し評価の対象となります。実際論文をまとめた人、と見られるからです。だいたいはラストオーサー(最後の著者)がなります。

若手研究者は筆頭著者としてなるべく多くの論文を書かなくてはなりません。逆に研究室を持ってからはラストオーサーの論文を出させなければいけなくなります。それぞれ逆ではなぜか評価は上がりません。

私は助教ですが、この立場が一番微妙です。学生の研究指導をし、実験を組み立て、時には研究費も取ってくるが、その実験が行われたラボは自分のラボとは見られないためです。准教授になると書類上正式な学生の指導教員になれるためか、論文もラストオーサーとしてまとめられる場合が多いです。それが准教授としての評価に繋がります。しかし多くの助教は、この著者決めでいらぬ気苦労を(少なくとも私は)伴います。

いままで会った何人かの助教の人たちのやり方を見ていると、1)学生の出したデータは基本的に自分の出したものとして筆頭著者として自分で論文を書く人、2)ボスに構わずラストオーサーとして論文をまとめる人、3)学生を筆頭著者にしてボスはラストオーサー自分は2番目の著者として論文をまとめる人、の三パターンがありそうです。

私は苦肉の策として、指導した学生がどんなかたちであるにせよ、自分で最初の原稿を書いた場合は2番目の著者でありながら論文を完成させることにしました。逆に学生がデータだけ出して論文にできずそのまま卒業してしまった場合は、自分は筆頭著者として論文をまとめることにしています。いずれの場合もできるかぎりコレスポンディングオーサーにはなろうと思ってはいます。ラストオーサーを取ることは求めません。国内では助教の評価としてそれほど重要ではないと思われたからです(これはこれで問題だとは思いますが・・)。

海外の研究機関では、この中途半端に独立している助教という身分制度はないので、本来、ラストオーサーがコレスポンディングオーサーになり、筆頭著者や2番目の著者がこれになることはほとんどありません。ですので日本から出てくる論文は、誰がどのように貢献したのかが海外の人にはわかりずらいと言われています。ただ日本発の論文が増え、上記のような独自の著者順決めをしていると、だんだん状況がわかって来た、というようなことを言う海外の研究者もいました。

他の助教のひとはどうしているのでしょうか・・
[PR]
by stemcell | 2007-10-31 22:33
<< ダブル筆頭著者 研究手法 >>