<< ノーベル賞2016 広島優勝とジャカルタパンク >>

キッザニア

というところに行ってきました。この施設は10年ほど前にそのようなものができた、ということは知っていましたが、行ったことはこれまでありませんでした。聞いた限りにおいては、様々な仕事の体験を子供ができるようになっており、将来様々な仕事に携われることを身を持って体験できる施設、と理解していました。しかしいまいち胡散臭く、上の子が小学生の時はいきませんでした。今回行ったのはまあ気まぐれ。上の子は中学の部活で忙しいので、昔ほど家族で出かけることもなくなり、必然的に下の子をあまり多くの場所に連れて行っていないということもあり、今回頑張って連れて行ってみました。

インターネットで調べてみると、どうも9-15時と15-21時の入れ替え2部制になっています。夜9時まで行くのはしんどいので朝の部に行きました。チケットをネットで予約し、いざ出発。目的地まで電車で2時間弱。行った日は連休に挟まれた平日。子供の小学校の運動会の振替休日があったので、平日なら空いているだろうと仕事を休んでいきました。出発は8時前。しかし当たり前ですが朝のラッシュアワーで通勤電車地獄。日本のサラリーマンの日常をここですでに体験できるという。。

ようやく10時前に到着。しかし中はすでに大変な混雑ですごいひとだかり。おまけに全てが子供サイズに作っているので狭い狭い。さらに小さな車道も歩道も一緒の道路を職場体験用のパトカーや救急車、消防車、宅急便、はとバのなどの車が入り乱れつつ走り回り、おまけに子供が「救急車が通りまーす!」とそのつど絶叫するという状況で、ほとんどカオス。

でも子供は結構楽そうだからいいか、と気を取り直し、職場体験できる施設を探します。予約を一つだけ入れられるのですが、人気の場所は(なぜかハイチュー工場)すでにいっぱい。とりあえず子供が行きたいといっていたパン屋へ。やってる姿を大人は外から覗き見ることはできますが、会話は聞こえません。つまり大人が入れない施設内は静かなのでしょう。1時間後、制服を着て中に入り生地をおってクロワッサンを作っていました。大手のパン屋が出資しているようで、制服もその会社のものでした。あとは獣医とソーセージ作り。これで終わってしまいました。私はくたくた。帰りは通勤ラッシュよりは早めだったので、まだ座れてよかったです。

要するにキッザニア、名前はかっこいいが、おままごとを壮大なスケールでやる場所でした。おままごとが好きな子は楽しいことでしょう。ソーセージを作る体験なんてほかではできません。でも騒音のなかで1日過ごす大人は大変ですね。先の救急車からの子供の絶叫がしばらく耳からはなれません。




[PR]
by stemcell | 2016-10-01 20:19
<< ノーベル賞2016 広島優勝とジャカルタパンク >>