<< NHKのSTAP細胞 女子サッカーと志村けん >>

トランジスタアンプ

気づいたらあっという間に前回の投稿から2ヶ月くらいが経ってしまった。Time flies、と。

先日久しぶりに自分らのライブの映像を撮ってもらいました。というのは備え付けのカメラでステージを撮れるようなそれなりに設備の整ったライブハウスで久しぶりに演奏したので、せっかくだからと録画してもらいました。その映像を見たところ、いやーいろいろ考えさせられますね、、まるで自分の学会発表シーンを見ているような気になります。きっとこれを繰り返すことが良いのでしょう。客観的に見れるのでいろいろな反省点が明確になります。

最近私はライブの時はギターアンプにジャズコーラスを使います。ローランド社の名器、どこのスタジオ、ライブハウスにも置いてあります。しかし当然良い歪みは得られないので、その時はエフェクターで歪ませます。こうする方がライブの時は聴衆に良い音に聞こえることに気づいたのです。真空管アンプを用いた場合、倍音豊かな伸びある音が出るのですが、直で聞くとどうもぼやけてしまうような気がします。またライブハウスやスタジオにおいてある真空管アンプは劣化している場合が多く、音がさらにぼやける気がします。なので、ライブはトランジスタアンプ、レコーディングはテューブアンプ、というのが最近のスタイルです。

ほんとは自分の真空管アンプをどこでも持ち歩けるくらいになれば良いのですがね。。



[PR]
by stemcell | 2014-07-24 19:27
<< NHKのSTAP細胞 女子サッカーと志村けん >>