<< ギターレペア ヒ素 >>

ライブでの演奏

先日バンドのライブがありました。初めての場所でのライブです。私たちのようなアマチュアバンドはライブの度に自分たちの機材を持ちもむなんてことはしません。楽器だけを持っていって、ライブハウスに置いてある機材を使って演奏します。なのでギターのように音がアンプに大きく左右される楽器の場合、そこにどのようなアンプが置いてあるかで音が大きく変わり、それに伴ってバンド全体の出来も大きく左右されます。なので機材のそろっているスタジオで毎回同じ機材を使って練習しても、本番ではまったく違う状態で演奏するわけなので、あまりそこでの出来はあてになりません。まあ不自由なところで演奏するのもそれはそれで面白いところも(少なくとも私は)ありはします。メンバーは困ると思いますが。

今回の会場にもギターアンプは数台ありましたが、今まで使ったことのあるアンプはありませんでした。しかし一つマーシャルという私がよく好んで使うギターアンプメーカーのものがあったので、それを使いました。初めて見るマーシャルのアンプでした。使ってみるとなかなかよいアンプでした。適度に歪み、マーシャル独特の鼻詰まりの音もよく出ました。演奏後、主催してくれた人にギターの音が良かったと言われ、少しうれしい。私のように太い弦を張る人は最近おらず、そのことによる音の抜けの良さによるものでしょう。こればかりはアンプやギターの違いでどうにかなるものではありません。かなり弾きにくくなるので最近太い弦を張る人はいませんが、そもそもその良さに気づく人はあまりいないのです。

その人の知り合いが演奏をテープに録音してくれていて、翌日早速CDに焼いてくれました。ちょっと音をほめられたもので期待して聞いたところ、、、途中でチューニングは狂うは所々間違えているはでとても納得のいく演奏ではありませんでした。特に最近歪みを極力抑えるようにアンプをセッティングしているので、微妙なピッキングのニュアンスを表現できる反面、ミスがもろに出ます。歪ませるとサステインがきいてごまかせるところもあるのですがね。。ギターは難しいものと再認識しました。
[PR]
by stemcell | 2010-12-06 22:51
<< ギターレペア ヒ素 >>