<< アイスランド火山 新型若手研究費 >>

new rose

先日久しぶりにバンドの練習がありました。ポスドクで米国にいた時バンドを組んだという話を昔書きましたが(日本人2人+米国人2人の混成)その日本人が日本で組んだバンドのギターが抜けたとのことで、代わりにギターを弾くことになりました。

最初なのでダムドという70sのイギリスのパンクバンドのコピーをしました。曲はnew rose。昔人気のあったガンズアンドローゼスというバンドもカバーした有名な曲です。

しかし私がコピーしたコード進行とベースが憶えてきたコードがフレット一個分合いません。そのときは取りあえずどちらかに合わせることで問題は解決したのですが。おそらく彼らはこの曲をレコーディングした時、ギターやベースのチューニングをその場で合わせ、それが本来の音程から1/4音ずれていたのだと思います。結果としてその音源を基に曲をコピーするとどっちつかずで1/2音ずれる可能性があるのだと思います。ギターやベースは黒鍵がないので、機械や音叉を使わずにチューニングするとこういうことが起こります。

ところでギターやベースはフレットが1/2音ずつありますが、弦楽器なので演奏中でも弦を引っ張れば基本的に無段階に音程を変えられます。しかし私の耳では1/4音の違いは微妙でそれ以上の音程の違いは認識できません。おそらくピアノの調教師なんかはそのへんわかるのだと思いますが、いったいどのくらいまで違いが認識できるものなのでしょうかね。人間の耳の構造から限界なんかがあったりするのかな。わかる人がいたら教えてほしいです。
[PR]
by stemcell | 2010-04-12 21:26
<< アイスランド火山 新型若手研究費 >>