<< 補助輪 ようやく >>

始動

先日久しぶりにライブをしました。ドラムが変わってから初めてのライブです。新しいドラムとは年明けにようやく本格的に練習をしただけだったのですが演奏は今迄で一番良かったと思います。相性がよいのでしょう。すぐに次のライブをやりたいところですが、ボーカルが派遣切りにあってそれどころではなくなってしまいました。とりあえず実家に帰って次の職場を探すそうです。早く決まれば良いのですが。

今回演奏をしたライブハウスは初めてのところでした。ライブハウスで演奏する時のシステムはだいたいどこも同じです。相場はひとバンドノルマが2〜3万円です。売り上げることはまずありません。最初は基本的に自分たちでお金を払って演奏するのです。お客様は神様状態ですね。米国では(少なくとも私のいた小さな大学街では)自分たちでお金を払って演奏することはまずありませんでした。だいたいは無償(無料)で演奏し、ビールはFree、場合によっては数十ドルもらえることもありました。それというのもお客が放っておいても入るのですよね。若者が夜行く場所が限られているためです。もっとも日本と違いライブハウスといってもバーの奥のスペースにステージが併設されたように作りになっていたりします。飲みに行きやすいのですね。これは日本でバンド活動をしたことのある人にとっては夢のような話です。そこで知り合いになると喫茶店やアイスクリーム屋の店員と知り合いになりサービスしてくれたりもしました。日本は多過ぎますよね。若者が集う場所が・・
[PR]
by stemcell | 2009-01-31 20:04
<< 補助輪 ようやく >>